海外での子育てー親の姿勢と家庭学習ー

 海外で子育てをするきっかけや経緯はそれぞれの家庭で異なりますが、子どもの第一言語、母語である日本語をどのように強化し維持していくのかは、どの家庭も直面する課題です。 日本へ帰国予定の場合、日本語の重要性はいうまでもありませんが、永住や長期的に海外に滞在する場合でも、子どもの将来の可能性を広げるだけでなく、親子間、家族間のコミュニケーションには不可欠なものです。また、海外に住む日本人として のアイデンティティを確立させるためにも、とても大切なものとなります。さらに、第二言語(アメリカの場合は英語)を学ぶ上で、第一言語である日本語の力が非常に重要となります。ですから、両言語を学べる環境を整え、海外にいながらも言語学習の長期的な目標を明確にし、日本語を教えていくことは、日本人の親の大事な役割であると考えています。  



海外において、日本語を子どもに教える道のりには様々な課題がありますが、まずは親の心得が重要です。長期的な目標を明確に見据え、家庭での取り組みを中軸に、地道にそして根気強く子どもの言語力を伸ばす努力を続けていく、という揺るぎのない志が第一に必要だと思います。


第二に大切なのは、家庭学習において、学ぶ基本姿勢を整 えることを優先目標にすることだと思います。しっかりと見る、聞く力を育み、学習を受け入れる姿勢を整えることが、様々な課題を乗り越える力となります。日本語、英語に関わらず、子どもが約束事を学び守ることを覚え、忍耐強く取り組む姿勢を 身に着けることが大切です。    


日本語力と英語力の密接な関係  

もう一点大事なポイントは、母語が子どもの言語力の土台となるということです。海外に住んでいるから、「日本語は読み書きができなくても、会話ができればいい」「日本語はストレス になるから、無理して教えたくない」という意見を日本人の親から聞くことがありますが、母語である日本語力は、子どもが 英語など現地の外国語を学ぶ上で大変重要になります。  


アメリカに住む日系の子どもたちの問題点の一つに、母語である日本語も、そして現地の言語の英語も、未熟な状態のままになってしまうことがあります。日本語も英語も、日常的な会話は問題なくできますが、読解や作文などをみると、どちらも力不足だと いうことが見えてくるのです。現地校の学習が理解できず苦戦し始める小学校の中・高学年あたりであらわになります。 既に現地校の学習に追われているので、なかなか具体策が見えてこないまま時間だけが経っていく……という状況になりかねません。  


現在、教室のほとんどの子どもたちはバイリンガルですが、 学習を通して、日本語が母語の子どもは、日本語力を強化することで、英語でもその力を発揮するようになっています。英語が母語の場合も同じです。母語が私たちの思考力、学習能力の土台となっていることを考えれば、より高い母語の言語力が第二言語を学ぶ上でも大切だということが理解できます。無論、これには労力がいりますし、時間がかかるものです。そのため、1日24時間と限られた時間の中で、優先すべき学習を明確にしていくことも大切なポイントとなります。



日本では、小学校5、6年生より英語が外国語活動として導入され、2020年からは、小学校3年生より英語の授業が始まり、5、6年生は教科になりました。また、大学入試改革の流れで民間の英語力検定を受けることになるなど、英語に対する関心は高まるばかりです。しかし、今こそ日本語の力をどのように伸ばしていくのかを改めて確認するときなのかもしれません。高い英語力を身に つけるためには、優れた日本語力がより一層必要であるという ことは、世界中どこに住んでいても同じではないかと思います。



季刊誌エルベテーク 2019年秋季号

アメリカからのレポートより

  • Facebook

© 2020 by Eleve Educational Services, LLC