Parent Testimonials

保護者の声

娘が就学前基礎・発展コースに通い始めて1年が経ちます。この1年はあっという間でした。

学習相談から始まり、その時は体験で興味津々な娘でしたが、いざ本番が始まって80分間(当初は70分間)きちんと席についていられるだろうか、先生の話は聞けるだろうか、先生の質問を理解して返事ができるだろうか、など考えればきりがないほど心配しながら初めての授業に送り出し、終了までやきもきしながら待っていたのを覚えております。

いざ終了してみて先生から一度も離席は無かったと聞いたときはほっとしたと同時に、まさかそんなことができていたとはと驚きました。

週1回のペ...

この度ロサンゼルスにエルベテークが開校したことを、心から嬉しく思っております。エルベテークと出会えたから今の私達がある――私達親子にとって、エルベテークは本当に大きな存在だと確信しています。

「ほんとうにこれでいいのか」と思い悩む毎日

  11歳の娘は、5歳から毎年夏の間、日本のエルベテークに通っています。

赤ちゃんの時から癇癪、そして言葉の遅れなど、発達に心配はあったものの、近所に同年代の子供がいないこと、また英語と日本語両方が耳に入る環境にいることから、言葉の遅れは仕方がない、そしてそのストレスで問題行動が起こっているのでは、と勝手に...

私たちは、息子の年長から小2までロサンゼルスで2年間を過ごし、帰国に際し、転入の件で悩みました。渡米前に受けていた日本での療育に限界を感じていたので、できたら通常級に編入させたい、しかし、現実には2年間現地校のspecial education classに在籍していて行動面や学習面にも問題が多く、日本の通常級でやっていくのはとても難しいだろうと。そんな折に友人からエルベテークのことを紹介されました。

 子供を成長させるためには、障害の有無に関わらず何よりも「教わる力」「しっかり見て」「しっかり聞く」力を付けさせることだとの著作を読ん...

2 才の時に自閉症と診断された娘と、アメリカで3年半位療育をしていた私は、今年3月に日本に帰ってきました。エルベテークのことは、自閉症の娘さんを持っている友人からの紹介で知るようになりました。その頃の私は、家庭の事情により日本に帰ることを決め、引越しの準備を始めていたものの、これから日本に帰ってからの療育に大変心配を抱いていました。

そのような私に、友人はエルベテークとの出会いが自分自身と娘さんが共々大きく変わったきっかけとなったと 言いながら、丁度我が娘と同じ年頃の時に娘さんがしたというエルベテークの宿題を見せてくれました。仮名が一...

退屈しない毎日

 

 障害を持つ子の親として生きてきて、「良かった」と思える点はたくさんある。

 まず、人生に退屈を感じることは絶対にない。

 自分の子どもの成長が、他の子どもたちと違っていることを、すんなり受け入れられる人はそれほど多くないだろう。でも、いつかは受け入れなくてはならない。受け入れ方はそれぞれかも知れないが、その過程で誰もが人としての器を成長させていく必要がある。

 それを「葛藤」と呼ぶのはいささか格好が良すぎるような気もするが、要するに障害児を育てていくことで受けるストレスに耐えるため、図太くならなければ生きていけないのだ。

...

Please reload

​日本エルベテークのサイトでも

保護者の声をお読みいただけます。(外部リンク)↓

© 2020 by Eleve Educational Services, LLC

  • Facebook Social Icon